時計Q

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

翻訳Q

  • 世界言語別Q

USA conceded 譲歩

  • 国連安保理 新たな北朝鮮制裁決議を全会一致で採択
  • 9月12日 10時47分 NHK NEWS WEB

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170912/k10011136021000.html

    核実験を強行した北朝鮮に対し、国連の安全保障理事会は日本時間の12日午前7時すぎ、新たな制裁決議を全会一致で採択し、焦点となっていた北朝鮮への原油の輸出量は事実上、現状が維持されることになったものの、制裁の対象を広げる内容に北朝鮮が反発することも予想されます。

    北朝鮮が今月3日に6回目の核実験を強行したことを受けて、国連の安保理では日本時間の12日午前7時すぎ、北朝鮮に対する新たな制裁決議案が全会一致で採択されました。

    新たな決議は当初、アメリカが作成した草案に盛り込まれていた北朝鮮への原油の輸出を全面的に禁止することやキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の資産の凍結は除かれ、北朝鮮への年間の原油の輸出量は過去1年分に相当する量を上限とし、事実上、現状が維持される内容に修正されました。

    一方で、北朝鮮が繊維製品を輸出することや各国が北朝鮮労働者に新規の就労許可を与えることを禁止するなど制裁の対象が広げられました。

    決議を主導したアメリカのヘイリー国連大使は「北朝鮮は後戻りできない段階には達していない。もし、核開発を停止することに同意するなら国の未来を取り戻すことができる。一方で危険な道を進み続けるのなら、さらなる圧力をかけ続ける。選ぶのは北朝鮮だ」と述べ、北朝鮮に核・ミサイル開発の断念を迫りました。

    また、日本の別所国連大使も「北朝鮮が平和と安全を望むなら朝鮮半島の非核化への具体的な方法を行動で示すべきだ」と述べ、北朝鮮に対して具体的な行動を取るよう求めました。

    安保理は北朝鮮による核実験から1週間余りという異例の速さで新たな制裁決議の採択にこぎ着けた形ですが、制裁の対象を広げる決議に北朝鮮が反発することも予想されます。

    512pxemblem_of_the_united_nationssv

    今回の追加制裁ですけど…

     
    9/3の北朝鮮の核実験は安保理の決議違反をしたって事で、追加制裁を出した米国は、結局、譲歩する内容になり、前と変わらないユルユル決議案で落ち着いたようです。
     
    内容的に大雑把ですが
    過去1年分の原油輸入量を上限とした輸出制限(現状維持)
    天然ガスと、その副産物軽質原油コンデンセートの輸出禁止は継続のまま
    金正恩委員長の資産凍結は言及なし
    北の出稼ぎ労働者禁止(新規は安保理承認でOK)
    北の繊維品等輸入禁止(70%以上が中国向け)
    あとは、必要時に北の船舶の臨検実施とか…



    原油輸出禁止等の強力な追加制裁は無いようで、貿易面に関して制限が多少広がったという印象で、外貨に関して90%ダウンするとの上向き予想ですよ。

    日本は過去、原油を止められ国家の存亡の危機に陥り、米国とガチンコしましたけど、それを北朝鮮にやれば一矢報いる火星14号が多数米国本土に落ちて水爆攻撃された唯一の国になるとのリスク公算で止めたんでしょう。。

    厳しい専門家の意見ですと、今までよりは少しだけ厳しいけどザル制裁に変わりはなく核やミサイルの研究は最優先で今後も継続だろうって…


    しかも米国は北朝鮮の核保有を認めた形になったので、今後は米国に嫌悪感を示す様々な国が核開発をして保有すれば、核保有国として米国に認められるというチャンス到来なのです。

    一応、原油は完全にストップでは無いですから、米国も手を出せない状況だから、まあ…核の力ってのは凄いですね。。。


    これからは、北の開発した核兵器が外貨獲得(北朝鮮自衛の為)の為、世界に公然として売られて拡散してゆき、様々な国家が原水爆保有国家として認められるのでしょう。


    益々、日本は核兵器を持たざるをえない状況になり、近い将来、米国の持ち込みは認める等の動きが出そうですね。


    米国が自国の安全最優先をとった事から、尖閣諸島(南西諸島)や南シナ海での中国の覇権を米国は容認するしかない状況が確立したのと同じです。


    残念ですが、米国の保障が弱いとなると、早ければ50年以内に尖閣含む沖縄本島か、宮古島から西は、中国施政下となる日も保証してくれたようなものですし現実化するでしょう。


    今回の安保理は様々な形で極東アジア、東南アジアに対して、中国化容認と原水爆保有国の成立の仕方等、いろんな意味で中露、北朝鮮に覇権を認めました。


    もう一度いいますが、今後も米国が消極的なら、日本は尖閣や沖縄、北方領土、竹島等を放棄するか、他国の施策下に入る事を容認する時が近いうちに来るでしょう…


    米国の専門家は、北は核保有国として認め、中国の覇権を認めれば、それが米国にとって一番良い新世界の形と言ってるのだからそうなるのでしょうね…

    副産物である軽質原油コンデンセートの輸出 
    副産物である軽質原油コンデンセートの輸出形質
    副産物である軽質原油コンデンセー輸出禁止継続、
    副産物である軽質原油コンデンセートの輸出
    副産物である軽質原油コンデンセートの輸出金正恩委員長の資産凍結は言及なし、北が繊維類輸出禁止、北の出稼ぎ労働者禁止(新規は安保理承認必要)、


    防衛・軍事ランキング

    無料ブログはココログ

    国別Q

    • 国別旗Q
      Flag Counter

    県別Q

    天気Q

    • 宮城県
    フォト

    ウェブページ